こんにちは、SAATです。

今回ご紹介しますのは、マルイの電動ショットガン『SGR-12』です。
この銃はうちによく来てくださるY様からお預かりした物ですが、たまにはインナーバレルの掃除でもしようかとクリーニングロッドでシコシコやってたら、先端に付けたはずの布が無い!!

何回か空撃ちしても、実際に発射してみても出てこない!
という事で、購入して一年近く経つ事もあり、オーバーホールを兼ねた異物摘出が今回の依頼内容となります。

普段の持ち運びに便利なように、M4のキャリハンが付いてます。
預かるのは問題ないんですけど、付属のマガジンがドラムっておかしくないですか?
「ノーマルのマガジンがいいです」っていったら、「今日はこれしか持ってきてないよ」って言われてしまいました。
嫌がらせだ!明らかな嫌がらせだ!
預かったついでに重量を計ってみました。
フル給弾してバッテリー搭載したら、軽く5kg超えですね(^_^;)

では、異物探索に取り掛かりたいと思います。
あまりに工程が長いので、前編後編に分けてます。
ご自身で分解なさる際は、頑張ってください!

まずはハンドガードのアンダーレイルを外します。
次にアッパーレシーバー先端に付いてるスリングを外します。
アッパーレシーバーを外します。
ビス(左右で計6本)を外したら、後方を先に引き上げます。
次はロアフレームを外す準備です。
まずはマガジンガイドを外します。
ビスをはずしたら、ツメの引っかかりを外せば下に抜けます。
この時、セレクターはセーフティの位置にないと、抜き取ることができません。
次はストックです。
チークピースを外すのが、少しコツが必要です。
薄いプラ板みたいな物を隙間から滑り込ませ、ツメが引っかかってる部分を外し前方にずらすと外れます。
反対側の平頭のビスも外します。計3本。
これで一通りの外装が外れました。
色んな形のビスがあり、本数もかなりあります。
間違ったり失くしたりしないよう、充分に気をつけましょう!
では、機関部の分解に入ります。

ここからはビスが片側のときはで、両側にあるきはと表記してます。
まずはフロント側から分解していきます。
ハイダーを回して外したら、ガスブロック下部にあるイモネジを緩めます。
左右計9本のビスを外します。
チャンバーを分解します。
そろそろ異物とご対面できるかな・・・。
今度こそ出会えるかな・・・。
分解したときにビヨーンとならないように、先にスプリングを抜いておいた方が良いでしょう。
まだ出てこない!?
ここまでバラして無いってことはメカボックス側かな?
ホップアップ機構のあるチャンバーカバーは、取り外しただけではバラバラになりません。
インナーバレルを抜くには、上下にあるバレル固定リングを外せば抜き取れます。
電動ショットガンだけあって、インナーバレルもチャンバーパッキンも電動ガンタイプですね。
AA-12もこのSGR-12も、発射された弾が先で広がるようになってます。
分解したついでに、3発が真っすぐ飛ぶようにストレートHOP仕様にしたいと思います。
こんな感じになりました。
では組み立てに入りたいと思います。
ビスの位置はこうです。
はい、完成。
今回はここまでです。
次はメカボックス側を分解していきます。

異物はどこいった!?

後編はコチラから → 東京マルイ SGR-12 分解/オーバーホール(後編