こんにちは、SAATです。

今回は東京マルイの固定スライドガスガン『SOCOM Mk23』のカービンカスタムです。
通常の電動ガン等のカスタムに比べ依頼数は少ないのですが、たまたま2件続けて依頼がありましたので、少しだけ紹介したいと思います。

一件は私の故郷でもある福岡県にお住いのK様から、もう一件は大阪にお住いのH様からのご依頼です。
ご用命、ありがとうございました!

マルイのソーコムと言えば”静かで、良く飛んで、良く当たる”と三拍子揃ったサバゲーご用達の銃で、愛用なさってる方も多数くいらっしゃいます。

もちろん私も持ってます。

そんな素晴らしい銃なんですが・・・
・グリップが大きくて、手の小さな方には少し厳しい
・トリガーストロークが長い
・トリガープルが重い
と、射撃時のブレの原因となる要素も三拍子揃ってます(^_^;)

そこで登場するのが『カービン化』というわけです。
ハンドガンではなくなってしまいますが、安定した姿勢で撃つ事ができるので『連射できるVSR』とも呼ばれているとかいないとか・・・。

最近では3Dプリンターが個人でも手が出せる価格帯になってきたので、色んなカービンキットが販売されてますが、当店では今まで通りの方法で作っております。

上の写真にある黒で作成した方がK様ので、こちらのTAN?F.D.A?の方がH様の銃になります。
このカービンキットはガバメント用で、加工前はこのような形をしてます。
ちなみにポン付けはできません。

色んな部分を切除し、キチンと銃のセンターが出るように、また傾かないように調整しながら削っていきます。
切断、削りを繰り返し、ようやく形になってきました。
もう一息です!
H様のご依頼内容は『カービンカスタム』のみなので、これで完成です。

K様の場合は、カービンカスタムにプラスして『ロングバレルカスタム』『ロングレンジカスタム』『静音カスタム』と内部カスタムもやっております。
後はお好みに合わせてドットサイトやスコープを装着すればOKです。

ストックチューブもごく一般的なサイズなので、お好きなデザインのストックに交換することも可能です。

お二人とも、コイツでボスボスッとヒットを取っちゃってください!

最後に・・・
これはエアコキのSOCOM Mk23のスライドなんですが、H様のご依頼内容の中に「エアコキのソーコムに20mmのレールを付けてほしい」という内容も入っておりましたので、ご紹介しておきます。

はい、こんな感じです。